オタク(元)弁護士の雑記帖

オタク弁護士だったけど弁護士を辞めてただのオタクになった人のブログ。

ずっと法務だけやるキャリアはやめた方がいい?という話

先日、自分のキャリアを考えるきっかけになればと、テレビCMでおなじみのビズリーチに登録してみた。

なるほど噂通り、登録するだけでひっきりなしにプラチナスカウトが飛んできて、オタサーの姫的な気分を味わえるというのは本当だった。

 

ビズリーチのスカウトきっかけで、何人かのヘッドハンターと企業の方にお会いして、僕自身のキャリアがだいぶ見えた。

とともに、法務経験者のキャリアを考えるにあたって、わかったことがあるので、自己点検も兼ねて書いてみようと思う。

 

法務のキャリアは大きく分けて3つ

ずばり、法務のキャリアは3つに分けられると思う。

1 法務スペシャリストコース

 (1) インハウススペシャリストコース

 (2) 弁護士ーインハウス往復コース

2 管理部門横断コース

 

3 ビジネス横断コース

以下、順を追って言及する。

 

f:id:kanjisg:20171119224313j:plain

 

 

1 法務スペシャリストコース

インハウススペシャリストコース

このコースは文字通り、法務部門のインハウスを極めるキャリア。

成功シナリオ:CLO(Chief Lisk Officer)などのCXOまたはGeneral Council

失敗シナリオ:ただの法務部員のままロートル

 

このキャリアのいいとこも悪いとこも表裏一体で、法務というフィールドがニッチかつ狭いこと。

メリットとしては、成功シナリオを歩んでしまえば競合が少ないので、確固たる地位を築ける。

しかし「法務しかわからない」というのはイコール「他の部署では使えない」ことを意味するのであって、潰しがきかないというリスクに直結する。

しかも、法務はやりたい人・出来る人が他職種に比べて極端に少ない職種なので、職種間の移動も意図的にやらないと発生しにくい。

 

実際、ビズリーチできた法務Mgrなどの求人を見ても、年収のキャップが低い。

これはあくまで「法務部長・課長クラス」つまり一部門のMgrクラスまでの年収キャップだと雇用側が考えているからだろう。

CLOなどの職種が今後増加するかも不透明。

その意味で、このキャリアは正直オススメしない。

弁護士ーインハウス往復コース

このコースは、弁護士とインハウスを両方経験することで、あくまで「企業の中と外を両方知っている弁護士」としての付加価値をつけていこうとするコースだと考えている。

今もいるかは不明だが、一昔前はインハウスをやることを「その期間弁護士としてのキャリア形成が止まる」と言っている弁護士がいたが、それは間違いであると断言できる。インハウスは弁護士のハンドリングや社内の法律問題を幅広く、しかも予防〜紛争段階に至るまでみているので、企業法務弁護士に転身した時に企業が求めるものにリーチする嗅覚が他の弁護士よりもある。

実際今回エセ転職活動をしてみた2ヶ月間でも、某企業法務事務所から強いスカウトを受けたことがあり、そのモチベーションは「企業に寄り添ってトータルサポートできる弁護士(とそのノウハウ)が欲しい」というものだった。

生涯年収が一番高くなるかもしれないコースである。

 

ただし、このコースが他と違うのは、真正面から弁護士業界の顧客の奪い合いに晒されることだ。

営業センスが物を言う。

結局弁護士業界で通用しなかった場合、1-(1)コースへ敗走することになる。

しかも法務という狭い領域内でのジョブホッパーとして。

 

2 管理部門横断コース

このコースは、細分化しようと思えば、管理本部長コースや子会社役員コース、経営企画・社長室コースなどに分類できると思うが、本質は異ならないので一つのコースとして扱う。

このコースについては、

成功シナリオ:管理本部長、子会社役員などの重役

失敗シナリオ:弁護士資格が全く生きない会社員

というところだろうか。

ただ、この失敗シナリオは、法務スペシャリストコースよりもリスクとしては低いのではないかと思っている。

というのも、「弁護士資格を持っている×他の管理部門経験がある」ということで、その分付加価値が付いていると考えられるからだ。

僕自身は、キャリアは掛け算だと思っているし、法務という経験・資格はその掛け算に大きく作用する、しかし単体ではキャップが早く見えてしまうという職種だと思っている。

逆に、ニッチであるだけに、人事×法務や財務×法務、経営企画×法務などの掛け算を想定してみると、人材の数は一気に少なくなる。つまりその分希少価値が高まるということだ。

 

そして、これはセンスの問題もあるが、企業法務経験者であれば人事、財務、経営企画などの仕事が全くこなせないというのもあまり考えにくいように思う。

それは別に人事などの仕事が簡単だというのではなく、法務の仕事というのはそれだけ管理部門全般にわたって触れることのできる仕事だということが起因している。

法務を知っている人事・財務・経営企画として、部署内で付加価値を発揮することもできるだろう。

 

成功シナリオを歩むことができれば、管理本部長などの要職につくことができる。

個人的には年収と地位を考えるなら一番お勧めのコースである。

 

3 ビジネス横断コース

あまり人にはオススメできないコースである。

実は僕はこのコースを選択した。正確にいうと、今法務と半々の割合で仕事をしている。

 

シナリオとしては、おそらくこんなところだろう。 

成功シナリオ:社長、事業本部長などの重役

失敗シナリオ:弁護士資格を持っているだけのただの人

 

無論、法務という仕事はビジネスのためにあるのであり、両方経験しておくことで法務という仕事を理解することができ、また法務がわかる事業部メンバーとして付加価値を発揮することができる。

ただし、事業部の仕事には企画力や経験などが問われるため、法務部員を配置転換することについては会社も懐疑的だろうし、法務に従事する人間もなぜか希望しないことが多い。

逆に、法務の仕事をしてもどうしても事業の中身に興味が出てしまう、口を出してしまう、という人は、このキャリアが向いていると思う。法務経験者はビジネスサイドにいくなみたいな謎の風潮が会社にあるとしたら、会社を説得するなり、社外に出るなりして、挑戦してみてもいい。

 

実際、僕自身もビズリーチでビジネスサイドをやりたいといってみたら、結構な数のビジネスサイドのプラチナスカウトがきた。

弁護士資格を持っていて、会社で法務の仕事をしていて、事業のことを間接的にでも知っているというのは、意外と需要があるのかもしれない。

そういう意味では、弁護士資格というのは未だに一定の地頭の良さの証明みたいなものとして機能しているのかもしれない(これ以上失墜しないことを願う)。

 

また、「法律を知っているビジネスサイド」というのは非常に強い。

事業を企画する時にも、取引先との交渉時も、あらゆる局面において法律を知っていて損になるということはない。

アメリカだと弁護士出身のビジネスサイドや経営者が多くいると聞くけど、日本にももっと増えてもいいんじゃないかと思う。また、今後法曹が増えてキャリアが多様化することでそういう仲間が増えてくれると僕としても嬉しい。

僕にとっては、法律の知識・経験や弁護士資格というのはあくまでオプションまたはネタでしかなく、事業を企画する際に法務的にもインコースギリギリをついた施策が打てるというのが強みになっている。

 

とりわけ、弁護士出身者がビジネスサイドで活躍する場合、経営に近いところで仕事をする方が法務経験とのシナジーを発揮しやすいように思う。

なので、ある程度社内で評価されるなどして、それなりのポジションで異動しないと、単に遠回りをしただけになってしまう。

また、通用しなかったとしても、事業部を知っている法務としてのキャリアも残るので、転職した際の掛け算で付加価値を生むのは先述と同じことが言える。

 

以下自分語り

というのが、自分なりに考えた法務従事者のキャリアプランだが、僕はなぜビジネスサイドを選んだのか。

理由は簡単で、「やりたいことができたから」にほかならない。

今の業界で、プレイヤーとして、やりたいことができた。

そもそも考えてみれば、僕はバックオフィスに向いているタイプの人間ではなく、今考えると、安定して稼ぎつつ社会的地位を確保したかったから弁護士になっただけだったのだなと改めて気づいた。

時代の流れもあって、弁護士をやめることにして、さて残りの人生をどうやって生きていこうと思った時に、30代のうちに後悔しないように、やりたいことをやっておこう。そしてできればそのやりたいことで食っていこう、という思いに至った。

 

今思えば、ボス弁、兄弁、職員すべてがクソというなかなかヤバみの深い事務所に入ってしまったがために、金を稼ぐ以外の楽しみを見出せなかった弁護士業だったけど、今のキャリアを形成するきっかけになったことはたしかなので、念のため感謝をしておこうと思う(この話は詳しくはしません)。