オタク(元)弁護士の雑記帖

オタク弁護士だったけど弁護士を辞めてただのオタクになった人のブログ。

ずっと法務だけやるキャリアはやめた方がいい?という話

先日、自分のキャリアを考えるきっかけになればと、テレビCMでおなじみのビズリーチに登録してみた。

なるほど噂通り、登録するだけでひっきりなしにプラチナスカウトが飛んできて、オタサーの姫的な気分を味わえるというのは本当だった。

 

ビズリーチのスカウトきっかけで、何人かのヘッドハンターと企業の方にお会いして、僕自身のキャリアがだいぶ見えた。

とともに、法務経験者のキャリアを考えるにあたって、わかったことがあるので、自己点検も兼ねて書いてみようと思う。

 

法務のキャリアは大きく分けて3つ

ずばり、法務のキャリアは3つに分けられると思う。

1 法務スペシャリストコース

 (1) インハウススペシャリストコース

 (2) 弁護士ーインハウス往復コース

2 管理部門横断コース

 

3 ビジネス横断コース

以下、順を追って言及する。

 

f:id:kanjisg:20171119224313j:plain

 

続きを読む

インハウスとして足りない能力

久々の更新になってしまった。

どういう風にブログを書いていたのか忘れてしまうくらい、しばらくぶりのエントリー。

便りがないのは元気な証拠、ではないけれど、平穏かつまあまあ充実した日々を過ごしている。

もうすぐボーナスが振り込まれるけど、過分にも7段階中最高の評価をもらってしまったので、今度のボーナスが振り込まれるのが楽しみ。

 

僕に法務マンとして足りないもの

この会社に来て随分経つけど、今のところ会社の嫌いなところよりも好きなところの方が圧倒的に多いというのは、とても恵まれていることだと思う。

と同時に、欲が出て来てしまったのは、果たして良いことと言うべきか。

 

僕自身は大学を出た後、サラリーマン→弁護士→サラリーマンという経歴を辿って来て、キャリアのほとんどは法務で過ごしてきた。

そのキャリアの中で、自分なりの法務のキャリアはこうありたいというものがある。

それはズバリ、「事業部経験」である。

僕のキャリアの中では、事業部では営業の経験がごくわずかにあるだけ。

 

企業法務の仕事は、当然ながら紛争よりも契約書などの予防法務が多い。

そのなかで、予防法務の引き出しとして、事業部経験がもっと欲しいと思う。

外部ではなく、社内に弁護士資格を持った人間がいることのメリットは、何よりも「社内の事業に精通している」という特徴を持つ弁護士有資格者であるという点だと思っている。

そのなかで、事業特有のリスクに気づいたり、リスク回避のための方策を考えるスキルが僕には足りていない。

そして、僕的に一番効率的かつ効果的にそのスキルを身につけられる方法は、事業部でのハンドリング経験だと感じている。

 

事業部経験で得られる能力

事業部でのハンドリング経験をすることで、法務に対してさらに付加価値をつけられる点は、大きく分けて2つある。

 

事業の理解と"想像力"

1つは、「事業の理解と想像力が強化される」ということ。

事業の理解は法務でもできなくはないが、「ではどうするか?」を当事者意識を持って考えたり、自分自身の問題として危機感を持って考える経験をしているかどうかで、アウトプットする代替案の現実性が変わってくる。

 

それはまさに、間接部門にいながら現場を「想像する力」がどれだけあるかで決まるものであり、僕に全然足りていないものだ。

”説得力”の重要性

2つ目は、「説得力が増す」ということ。

法務は間接部門の中でも、金を稼ぐところから遠い。

そのくせ、扱う業務内容は事業や経営にとても近い。

そのため、事業部に対してNOを突きつけることもあるが、どうしても「頭でっかちで小難しいことを考える人たち」のイメージがつきまとう。

実際、新卒で営業をしていたときに、僕自身も法務のイメージはそうだった。

 

しかし、事業部経験をしていることで、「実際やってみてもこれがなくてもなんとかなるでしょ」や、「この代替案なら実行可能性は十分あるでしょ」ということが想像できるし、何よりそれをしっかりと言える。

それは企業内法務部門に求められる付加価値そのものだと思うし、僕自身がいま一番身につけたいと思っている力だ。

 

今の悩み

そんなわけで、事業部で仕事をしないと、僕の場合はいつか能力が頭打ちになるのではないかという危機感を抱いている。

実は、前期の評価で管理職への昇格打診を受けたが、断ってしまった。

理由は、上記の能力を身につける前に管理職になってしまうと、別部門でプレイヤー経験ができないから。

この会社に今度もとどまるにしても、別の会社に行くにしても、はたまたいつかまた弁護士をやるにしても、このスキルは身につけておきたい。

そう考えると、数年の昇進先延ばしは大きな問題ではないと思っている。

 

また法務という職種は、その特殊性からおそらく食いっぱぐれないと思っているが、昇進が頭打ちになりやすい。

それを考えた上でも、法務以外のスキルを身につけておくことは、今の僕の年代の数年を使うに十分値する価値を有することだと思う。

弁護士になったほうがいい人、企業内弁護士になったほうがいい人①

昔のつてなどで、たまに修習生の方や学生の方から、法曹の就職活動の悩み相談を受けることがある。

その多くが、「企業内弁護士ってどうですか?」というもの。

 

これについては、はっきり言って企業の中の体制や業界によるし、「わからない」と言わざるを得ないところだ。

ただ、弁護士業と会社員との間には、大きな違いがあるので、その点については話すことができる。僕自身は、弁護士、ただのサラリーマン、企業内弁護士としてのサラリーマンの全部を経験しているので、その違いについて話すことも多い。

実際に相談を受けた時にも、このことをよく話すのだけど、今一度このブログでも振り返ってみたい。

思っていることを思っているまま書くし、僕自身はすでに業界を去った人間なので、誤解を招く表現もあると思う。生き残っている人におかれては、競争に怖気づいて敗走した人間の遠吠えだと思って生暖かい目で見守られたい。

 

今日は、いくつかある観点のうち、一つだけ紹介したい。

続きを読む

選択式資格試験必勝法

ビリギャルの話が再び盛り上がっているようだ。

実は僕も、高校のとき1年間で偏差値を35から70にあげて、私大に合格した経験がある。

大学時代には、選択式の試験ばかりだが資格も取った(行政書士ビジネス実務法務検定2級など)。司法試験は社会人になって仕事をしながら取った。

いずれも短期間で合格したので、選択式の試験には強い方かもしれない。

今日は自分なりの選択式試験必勝法を書いてみようと思う。

 

続きを読む

ストレッチが体を10歳若返らせる

僕の以前の趣味は野球だった。

もともと運動はそれほど得意な方ではなかったけど、両親が僕の肩だけは強く生んでくれたので、野球だけはモノになった。

といっても、高校野球をバリバリやるようなタイプでもないので、草野球でたまにヒーローになれるレベルだけれども。

高校の時のスポーツテストで、野球部員よりもソフトボール投げの記録がよかったのは当時の自慢だった。

 

それが、ある日突然投げられなくなった。

思い切り腕を振ると、肩に電気が走ったような強い痛みが生じて、全力投球ができない。

これが衰えというやつか・・・と思うとともに、唯一の運動系趣味だった野球を奪われた僕はとてもやさぐれた。

 

しかし、この度の転職で可処分時間が増えたので、もう一度野球ができる自分を取り戻したいと思って、対策を取ることにしてみた。

今日はその記録を紹介してみたい。

続きを読む

奨学金問題を唱える人の主張は、「借金から逃げ得させてあげよう!」ではない。

最近、奨学金問題に関するニュースをよく見かける。

news.tbs.co.jp

このような議論が湧きあがると、インターネットの掲示板やSNSを中心に、「借金しておいて返したくないなんてアホか」というコメントを少なからず目にする。

しかし、奨学金問題を指摘する論者の主張は、決して「借金をチャラにしろ!」という近視眼的なものではなく、もっと本質的な改革を臨むものだと思う。

奨学金問題の本質は、金融的側面と借入当事者の年齢

奨学金は、大きく分けて給付型と貸与型に分かれるが、僕のような大学にも大していかず、かといってバイトに明け暮れたり趣味に没頭しているかといえばそうでもなく、ただいたずらに時間を浪費した結果、年を取って青春を浪費したことをいまさら嘆いているおっさんのような多くの学生は給付型ではなく貸与型の奨学金を交付されることになる。

貸与型の奨学金は、よく言われている通り、「入り口は教育の側面、出口は金融の側面」という顔を持つ制度だ。

つまり、「結局は借金」ということになるのだが、貸し付けのときに審査が大してないため、借りる本人が総額や返済の具体的なイメージを把握できていないことに問題がある。

 

思い出しても見てほしい、大学1年生なんて、高校生に毛が生えたようなもんだ。

経済感覚だって、日払いのバイトをして、「うをー!1日で1万円ゲットしたうめえ!!」とか言っているのが大半だろう。僕もそうだった。

そういう世代に、「あなたが将来どのくらい稼ぐようになって、毎月どのくらい手元に残るから、どれくらいまでなら借りられるか考えてみましょう」といっても、何の教育もなしにそのようなシミュレーションができる人のほうが少ない。

それができるなら、僕だったら奨学金なんか借りずに大学を辞めて即何か事業を起こすと思う。

 

学生でも持てる丸井のカードのキャッシング上限額とはわけが違う。

続きを読む